card_ura_f50

GETGEM ルール 説明書

ルール説明書PDF版は↓より閲覧できます。
PDF版ページ1
PDF版ページ2(カード一覧)

※製品版ルールブックでわかりにくいルール。
ゲームの準備ではキャラクターカードと宝玉エレメントカードを除いた30枚の基本カードを山札とします。
基本カードとはキャラクターカードと宝玉エレメントカードを除いた30枚のカードの事を指します。

 

GET GEM

プレイ人数 2人~5人

内容物

ルールブック(本紙)
基本カード30枚
キャラクターカード5枚(※無料ダウンロード版にはありません。)
宝玉エレメントカード3枚

■ルール

■ゲームの準備

・キャラクターカード5枚は拡張ルールで使用します。
基本ルールでは使用しませんので、箱にしまったままにしておきます。

・基本カードをよくシャッフルし、各プレイヤーにランダムにカードを4枚ずつ配ります。
配られたカードはそれぞれのプレイヤーの手札となります。
それぞれのプレイヤーは手札を他のプレイヤーに見られないように持ちます。

・残ったカードを裏向きに重ねてテーブル中央に置きます。
これを山札といいます。
また3種類の宝玉エレメントカードをテーブル中央に置 きます。

・じゃんけんなどで、先行を決めます。
勝った人から時計回りに手番を進めます。

■手番の進行

・手番はドローフェイズ→アクションフェイズ→エンドフェイズの順に進行します。

・ドローフェイズ

ドローフェイズでは手番プレイヤーは山札からカードを1枚引き、自分の手札に加えます。

・アクションフェイズ

手番プレイヤーがアクションフェイズでできること

・自分の手札にあるアクションカードを使うことができます。(※ピーピングドローを除いて、アクションカードは1ターンに何枚使ってもOKです。)使ったアクションカードはすぐに捨て札として、山札の横に表向きで置きます。

・自分の手札に ある3枚の宝玉を捨てることで、プレイヤー1人を選択し、そのプレイヤーからカードを1枚ランダムに取り、自分の手札に加えることができます。 (※呪いの宝玉は捨てることができません。)

・自分の手札にある炎の宝玉カード2枚を捨てることで、炎の宝玉エレメントカードを手に入れることができます。

・自分の手札にある水の宝玉カード2枚を捨てることで、水の宝玉エレメントカードを手に入れることができます。

・自分の手札にある雷の宝玉カード2枚を捨てることで、雷の宝玉エレメントカードを手に入れることができます。

※各種宝玉エレメントカードは誰の物かわかるよう手に入れたプレイヤーの手前に置きます。(手札には加えません。)
既に他のプレイヤーが手に入れた宝玉エレメントカードを手に入れる場合、そのプレイヤーの手前から取って、自分の手前にその宝玉エレメントカードを置きます。

アクションフェイズでなにもしなくてもかまいません。

・エンドフェイズ

手番プレイヤーはエンドフェイズに自分の手札3枚を表向きで自分の手前に置き、「勝利宣言」をすることができます。
勝利宣言するには手前に置く3枚と、宝玉エレメントカードを合わせて、炎の宝玉、水の宝玉、雷の宝玉の3種の宝玉が揃っていなければいけません。
自分の手前にカードがあるプレイヤーは「勝利宣言中のプレイヤー」となります。
このフェイズで手前に置かれたカードを勝利宣言カードといいます。

エンドフェイズに全ての勝利宣言中の非手番プレイヤー(自分の番ではないプレイヤー)は手元の勝利宣言カードを1枚取り手札に加えます。

ここで勝利宣言カードがなくなったプレイヤー(全て取り終えたプレイヤー)は手札を全て公開します。これを「勝利確認」といいます。

このとき公開した手札に炎の宝玉、水の宝玉、雷の宝玉の3種類のカードが揃っていれば、そのプレイヤーの勝利となり、ゲームが終了します。

揃っていない場合は手札を公開してしまっただけになってしまいます。

※自分の手番のエンドフェイズで手札が7枚以上あるプレイヤーは6枚以下になるよう手札を捨て札にしなければいけません。「呪いの宝玉」を捨てることはできません。

■山札がなくなったときは??
山札がなくなったときは捨て札をシャッフルし、新たな山札を作り、ゲームを続行します。

■宝玉エレメントカードの効果

宝玉エレメントカードを持っているプレイヤーは勝利宣言、勝利確認の際、その宝玉エレメントカードに対応するカードを持っていることとして扱います。(炎の宝玉エレメントカードならば、炎の宝玉カードを持っているとして扱う。)
各種宝玉エレメントカードを持っているプレイヤーは勝利宣言、勝利確認が圧倒的に有利になります。

※宝玉エレメントカードを持っている場合も、勝利宣言で自分の手前に置くカードは3枚です。3枚のカードを手前に置かなければ勝利宣言できません。

■キャラクターカードによる拡張ルール

ゲームのはじめにキャラクターカードをランダムもしくはドラフトなどして、それぞれに配ります。

配られたキャラクターカードはそれぞれのプレイヤーの手前に表向きで置きます。
そのゲーム中、プレイヤーはそれぞれのキャラクターカードの効果を得ることができます。
(※無料ダウンロード版にはキャラクターカードはありません。)

■複数回プレイのルール

複数回プレイする場合には以下のようなルールを加えると良いでしょう。

・1ゲームの勝者は10点から虹の宝玉の数×3点が引かれた点を得る。

・次のゲームの最初の手番は、前回の勝者の右隣の人から始める。

・ゲームを繰り返し、10点先取した人が1位の勝者。そのときの持ち点で、2位以下を決める。

 

■カードとその効果

左上のアイコンが○のカードは宝玉カードです。
アクションフェイズに宝玉カードを3枚捨てることで、プレイヤー1人を選択し、そのプレイヤーからカードを1枚ランダムに取り、自分の手札に加えることができます。

宝玉カードには特殊な効果のあるカードがあります。

・虹の宝玉
RAINBOW_f
このカードは勝利宣言、勝利確認の際、炎の宝玉、水の宝玉、雷の宝玉のどれかとして扱うことができます。
※このカードによって宝玉エレメントカードを手に入れることはできません。

・呪いの宝玉
EVIL_f
このカードを持っているプレイヤーの虹の宝玉の効果は無くなります。このカードは捨てることができません。

左上のアイコンが「!」のカードはアクションカードです。
アクションカードはアクションフェイズに好きなだけ使うことができます。
使用したカードは即座に捨て札に置かれます。
(※ピーピングドローは1ターンに一度しか使えません。)

・スティール
steel_f
プレイヤー1人を選択し、そのプレイヤーの手札からカードを1枚ランダムに取り、自分の手札に加えることができます。

・全交換
swap all_temp_f
プレイヤー1人を選択し、そのプレイヤーと自分の手札全てを交換することができます。

・発掘アーム
dig arm_f
捨て札のカードを1枚選び、自分の手札に加えて、自分の手札を1枚捨てることができます。

・スティール&押しつけ × ピーピングドロー
givesteel peepngdraw_temp_f
このカードは二つの効果の内どちらかひとつを選んで使うことができます。

スティール&押しつけを選んだなら、
プレイヤー1人を選択し、そのプレイヤーの手札からカードを1枚ランダムに取り、自分の手札に加え、
そこで加えたカード以外のカードを自分の手札から1枚選び、そのプレイヤーに押しつけることができます。

ピーピングドローを選んだなら、
プレイヤー1人を選択し、そのプレイヤーの手札全てを見て、山札からカードを1枚引き、自分の手札に加えることができます。
ピーピングドローは自分の手番につき1回しか使えません。

・スティール&押しつけ × バリア
givesteel barrer_temp_f
このカードは二つの効果の内どちらかひとつを選んで使うことができます。

スティール&押しつけを選んだなら、
プレイヤー1人を選択し、そのプレイヤーの手札からカードを1枚ランダムに取り、自分の手札に加え、
そこで加えたカード以外のカードを自分の手札から1枚選び、そのプレイヤーに押しつけることができます。

バリアは使うタイミングが特殊です。
他のプレイヤーからアクションカード、キャラクターカードの効果で自分が選択されたときに使うことができて、その効果を無効にすることができます。

 

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦「GETGEM」箱できました♪

トリテでもバースト系でも七並べ、競り、エイト系、セットコレクション、
限定ジャンケン、どれにも属さない
ババ抜き系ゲーム「GETGEM」

外箱ができました。

image

オサレです。

チョコレートが入ってそうですが、

中にはまたオサレなカードが入ってるんですよ。

気になるゲームシステムも
軽めのゲームとして一定のレベルに達している自信はあります。

ゲームシステムなどの詳細は
過去の製作日記にて公開しておりますので、
チェックしてみてくださいね

↓↓↓

ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦
戦略型ババ抜き系カードゲーム
「GETGEM」製作日記



ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

pandemic_legacy-components-w1070

【ボドゲレビュー】超重ゲー パンデミックレガシー シーズン1 レビューとちょっと攻略

パンデミックレガシー シーズン1という重ゲーをソロプレイするという廃人ぷりを発揮している今日この頃。
ソロプレイってのが局地的廃人ですよね。

1プレイ1時間を最短12回、最高24回プレイしなければいけないというゲームでしたが、今、最後までプレイし終わりましたので、レビューしようと思います。

というか、パンデミックレガシー ゲームの基本的なシステムは
普通のパンデミックと同じですので、基本的なプレイ感は同じなんですが、


パンデミック:新たなる試練 日本語版

↑これ普通のパンデミック。

レガシーカードというシステムによって、ゲームの進行状況により、新たなルールとコンポーネントが追加され、こっちが不利になったり、有利になったりする派手なイベントが起きて、すごく面白かったです。

シナリオに関してはよくある鉄板のシナリオだったりするものの「マジか!」と感じさせる流れでよかったです。
RPGをプレイしてるような感覚がありました。

ただ思うのは普通のパンデミックのスタンダードルールを、クリアできるくらいの腕がないと、負け続けてストレスフルなゲームになりそうな気もしました。

負け続けて全然ダメな人向けの救済システムも見られましたが、その救済システムがあったら、個人的にはつまらないのではないかと感じるようなものでした。

またゲームのコンポーネントにシールをベタベタ貼っていくゲームなので、最後まで遊び終わると、ゴミになるのかというと、
そんなことはなく、最後までプレイし終わったら、貼ったシールを無視するか全部はがすなどして、普通のパンデミックとして遊ぶことができます。

ただ今までのパンデミックとその拡張を買うと、
ペトリ皿とかビンとかゲームの雰囲気をよくするグッズが入ってるので、
このゲームのファンは結局のところ、全部買って損しない気はします。


パンデミック:迫りくる危機 日本語版

↑こんな拡張とかいっぱい出てるんだよ。

ネタバレ満載ですが、
パンデミックレガシー実況プレイ動画をあげておりますので、
今後プレイする予定がある人にはオススメできませんが、チェックお願いします。

→ パンデミックレガシープレイ実況 byたくちゃんねる

またパンデミック全然知らない人は
ゆっくりルールを解説しながらプレイしている動画ありますので、
見てみてくださいね。
↓↓↓

ネタバレしない程度に攻略法をあげておきます。

・今までにない「地域」という概念が追加されています。ボードが大陸毎に6つに線で別れており、それらを地域というようです。地域に関してルールミスしやすい部分かと思いました。

・ウィルスが3個置かれた都市でターンエンドしないこと。レガシーではアウトブレイクした都市にいると、キャラクターが傷を受けます。
普通のパンデミックでも、アウトブレイクしそうな都市に移動してエンドは意味が弱く、それなら、近場を治療してた方が強いです。

・根絶に成功したら、グレードアップは全て良性変異に。
根絶に成功すること自体が、ラッキーなことなので、様々な難関が増えていくことを考えて、通常のウィルスは良性変異によって楽に処理できるような状態を整えておくと良いです。

・ネタバレになるので、具体的にはいえないのですが、上記の良性変異をはじめ、次のゲーム以降で良い影響を与えるアクションを積極的にやること。負けが見えてるときなどは特に、そのゲームで勝つことをあきらめて、次のゲーム以降で良い影響があるアクションを選択していくというプレイングが必要なことがあります。

この手のゲーム再生産されない傾向があるので、
気になる方は早めにGETしておくといいかもしれないです。


パンデミック:レガシー シーズン1(青箱) 日本語版



ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦
戦略型ババ抜き系カードゲーム
「GETGEM」製作日記

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦「GETGEM」宝玉カードイラスト【ゲムマ2015秋】

電気を使わないアナログゲームのビックイベント
ゲムマことゲームマーケット2015秋に
出展するオリジナルゲーム「GETGEM」

このゲームの目的は3種類の宝玉を集めて、
逃げ切ることなのですが、

その宝玉カードのイラストができたので、
紹介いたします。
※画像は開発途中で、製品版と異なることがあります。

FIRE

WATER

THUNDER

FAKE

RAINBOW

DARK

極限まで色数抑えたオサレなデザインとなってます。

もう一ヶ月後くらい経つと、ゲムマなんですが、
果たして完成するのか!?GETGEM!

ちなみにゲムマ当日の販売価格は1500円となっております。

続報をお待ちください。



ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦
戦略型ババ抜き系カードゲーム
「GETGEM」製作日記

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

Small-World03_thumb

ライトなプレイ感だけど、奥深い陣取りゲーム「スモールワールド(smallworld)」【ボドゲレビュー】

ボドゲアプリ満載のipadで始めよう。
充実の新時代のボドゲライフ♪

今回はあちらこちらで
とても高い評価を得ている陣取り系ゲーム
「スモールワールド」をレビューします。


スモールワールド 日本語版

↑まず見てください。パッケージ、コンポーネントがとてもポップで可愛い感じです。

自分はアプリ版しかプレイしたことないのですが、
ipadアプリは日本語対応してるので、とてもオススメです。

このゲームはとてもシンプルな陣取りゲームとなっているのですが、
特殊能力と種族の選択による様々な組み合わせのコンボと
現在の種族を衰退させ、新たな種族に乗り換えるという概念によって、
ライトなプレイ感でありながら、奥深さがあるという絶妙なバランスのゲームになってます。

Small-World03_thumb

最初の手番では
ランダムに並べられた特殊能力と種族の組み合わせ
コンボをひとつを選びます。

このコンボがランダムに並んでいるのですが、
一番上のコンボを選ぶとノーコストなのですが、
下へ選択肢を増やしていくと、勝利点であるコインが1点ずつコストとしてかかるようになっています。
(2番目を選ぶと1コイン、3番目を選ぶと2コインといった具合です。)
つまり基本的に一番上を選んだ方がコスト的には有利なのですが、
相手も同じ条件で選択することから、場の状況や先を見据えて、
コストをかけてでも下の組み合わせを選択するかという思考ポイントが生まれます。

この特殊能力と種族のコンボによって決められた数の
選んだ種族のトークンを得ます。

ターンは
侵略→再配備の順に進行します。
侵略のルールは基本的に
最初の1手目はボードの端のエリアから侵略可能で、その後、隣接するエリアへ侵略を続けることができます。
なにもないエリアには2枚のトークンが必要で、山を侵略する場合には3枚、
他のトークンが置かれているエリアに侵略するにはその置かれているトークンの数分追加で必要になります。

Riskを初めとする陣取りゲームは
侵略する度にダイスを振り合って戦闘の処理をするのですが、
このゲームではそのターンの最後の侵略のときだけ侵略側がダイスを振ります。
ダイスは3面が0で、1、2、3が1面ずつの特殊ダイスで、
この出た目分のトークンが侵略に必要なくなります。(最低一つはトークンは必要です。)

Hasbro Risk Board Game

(↑これが元祖陣取りゲームRisk)

ダイスの目によって、最後にトークンが足りてないのにエリアを多く侵略できるかも!
という感じです。

このダイスを振るのが最後の侵略だけというルールも
最初はふわっとしたのですが、
何度もダイスを振り続けることに飽きてくることってありますし、
運の要素を少し入れました。って感じでうまいスパイスになっており、
個人的にはなるほどな!と関心した部分です。

侵略が終わったら、再配備することができます。
侵略したエリアには最低1枚のトークンを残し、
侵略されたくないエリアに複数のトークンを置くことで
そのエリアの防御力を高めることができます。

そして、ターン終了の度に侵略しているエリアによる勝利点を得ることができます。
これを何ターンか繰り返して、勝利点が多いプレイヤーが勝ちというゲームです。

トークンは最初のコンボ選択時にしかもらえません。
また侵略されることによって数が減ります。
ですので、これ以上、エリア侵略が難しい局面が訪れます。

そうなったら手番を消費して、現在の種族を衰退させることで、
新たなコンボを選択することができます。
基本的に衰退した種族は元々置かれていたエリアに1枚だけ残り、
侵略を広げることはできなくなりますが、勝利点を得ることはできます。

手番を消費してしまうので、種族乗り換えのタイミングを見極めることが、非常に悩ましく、
このゲームのアクセントになってます。

基本的なルールはこれでほぼ全てですが、
特殊能力と種族のコンボがたくさんあって、
それがこのゲームの奥深さを演出しています。

1プレイは短いので、数回プレイすると
特殊能力と種族の能力のウマイ使い方がわかるようになってきて、
リプレイが止まらなくなる良ゲーだと思います。

とてもオススメです。是非チェックしてみてください。

スモールワールド 日本語版



ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦
戦略型ババ抜き系カードゲーム
「GETGEM」製作日記

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ