カテゴリー別アーカイブ: ビジネス

カードゲーマーであることを生かした稼ぎ方に興味がない人は見ないでください。

この記事を見ている方の中には
カードゲーマーである方が多いかと思います。

 

今回は
カードゲーマーであることを生かした
具体的な稼ぎ方を考えましたので、
興味がある方は見ていただきたいです。

全くの初心者ではなかなかとっつきにくいかもしれません。
ネットビジネス講座を活用していただけると嬉しいです。
→ http://blog.livedoor.jp/takchan0820-pro/archives/1000868256.html

また今回説明する手法は
カードゲーム以外のコンテンツでも
応用ができるかもしれません。



さて、その具体的な手法ですが、
カードゲームのデッキレシピを
ブログ記事に挙げます。

ただ普通にあげるわけではありません。

実際に自分が作ったブログ記事があります。
こちらを見てください。
→ http://takchantokyo.hatenablog.com/entry/2014/07/27/151101

 

見てもらえばわかると思いますが、
デッキレシピのカード名をクリックすると、
アマゾンの商品ページへリンクされるようになっています。

これはアマゾンアソシエイトプログラムから取得したリンクで、
ここをクリックしてから、一定の時間以内に買い物が起きた場合、
その売上の数パーセントを報酬としてもらえるシステムです。
物販系のアフィリエイトですね。

アマゾンアソシエイト
→ https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/join/landing/main.html

 

もし、あなたがカードの知識があるのならば、
そのデッキの使い方などを詳細に書いて、
価値のある記事にしましょう。
大会優勝デッキレシピなどは出回っていますが、
その使い方を詳細に書いているコンテンツは
なかなかみかけません。

この記事を読まれている方の中には
カードゲームに詳しい方もいるかと思いますので、
デッキレシピに加えてその詳細な使い方まで
説明していれば価値あるコンテンツとして評価されるでしょう。

 

ブログサービスによって、
サイトの検索結果の上位表示(SEO)に強い弱いがあるようです。

原翼が作った記事では
独自ドメインのワードプレスブログの記事が
SEOに一番強い印象です。
ですが、ワードプレスは初心者には難しく
サーバーを借りる必要がありますので、有料です。
無料では作れません。

 

無料ブログサービスでは「はてなブログ」がSEOに強いかもしれないという
情報を得ました。

SEOに強い記事となれば、
ヤフーやグーグルで「○○ デッキレシピ」などと検索した人達が、
自分の記事に流動してくるということが起きるので、
自動的に記事が読まれ、その中の何人かが買い物をし、
報酬が発生するということが起きます。

原翼も少額ですが、収益が発生しております。

 

またもうひとつの成功事例としてこんな記事もあります。
→ http://takchantokyo.hatenablog.com/entry/2014/07/26/003922

この事例のように、何を買えばいいかわからない物に対して
どれを選ぶべきか、商品の知識を記事にすると、
読者の悩みが解決し、買い物する流れを作ることができます。

今回は特殊なカードゲームのサプライに関する記事でしたが、
応用次第で、どれを買えばいいか迷うものに対する答えを提案する記事からの
物販アフィリはかなり成約しやすいかと思います。

この考え方、かなり有効です。
カードゲーマーではない方でも
自分が好きな商品カテゴリで
その商品レビューや、選び方を記事にすることで
売り込まずして、売れる記事をネット上に置くことができます。

そして、その記事の検索ニーズが生きている限り
自動的に集金し続けます。

 

ここでは書ききれない詳細なやり方や
報酬単価を上げる方法を
メルマガ会員限定記事などであげる予定です。

 

よろしければメルマガ登録よろしくおねがいいたします。
→ http://blog.livedoor.jp/takchan0820-pro/archives/1000657693.html

 


社長ブログランキング 応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

ツイッターのフォローよろしくお願いします。
メルマガ登録でパックプレゼント
大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

カードキングダムさんのように遊戯王などのTCG対戦動画を真上から撮る方法

-[PR]-


ものすごい再生数を誇る
遊戯王、ヴァンガードなどのTCGの対戦動画
かなり 需要があるコンテンツのようです。

対戦動画をUPする際に、悩ましいのが、
デュエルフィールドをどうやって真上から撮るのか?

スマートに見やすい動画になっていることを意識するだけでも、
動画の価値がいくらか上がることが考えられます。

どうやって真上から撮るか悩まれている方は多いと思います。

このページでは、どうやって真上から撮るのか。ではなく、
正確にはどうやって、真上から見たような綺麗な見やすい動画を作るのか。
について、自分が見つけた方法を教えようと思います。

続きは
→ http://blog.livedoor.jp/takchan0820/archives/1005548391.html

 

■□■□■□■□

たくちゃんの初心者向けネットビジネス講義
ツイッターのフォローよろしくお願いします。
メルマガ登録でパックプレゼント

■□■□■□■□


社長ブログ ブログランキングへ
もし記事がお役に立ちましたら、1クリック協力お願いします。

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

【ビジネス】軍事戦略をビジネスの競合戦略に置き換える

今回は

戦争のときの
軍事戦略はビジネスの戦略に置き換えることができるんだよ
っていう話題です。

○○戦略といった感じで、
まるで軍事戦略のようなビジネスの書籍が
いっぱいあります。

-[PR]-


ビジネスに興味がなかったとしても、
例えばどうやって他のクラスメイトとの競争に勝ち、
クラスの人気者になるか みたいに置き換えて読むこともできる。

人生戦略にも応用ができるということです。

そう考えるといろんな読み方ができてとても楽しいですよ。

 

その中でも2つ
原 翼が好きな戦略書(兵法書)があるので、
それを紹介しようと思います。

 

1つは古くからある兵法書
詳しくは忘れたけど、すんごい昔からある
「孫子の兵法」ってやつ

中国の思想家 孫武って人が作ったらしいけど、
主に戦国時代でのいろんな意味の勝つ方法が書いてあります。

いろんな意味でというのは
敵国を打ち負かすこと以外の
勝ち方についても書かれてるんです。

 

今でも、この孫子の兵法を
ビジネス戦略に置き換えて読み解く
書籍がいっぱいあります。

 

沢山あり過ぎて読み比べてないですが、
個人的には シンプルに和訳が記載されている
書籍がオススメです。
っていうのも、本の著者が
寒い解釈してると萎えるので、

ダイレクトに和訳されているものを
概要的に捉えて、それをどう行動に置き換えるかは
自分で考えた方が楽しいと思うんですよ。

 

関連書籍へのリンクはっておきます。

孫子の兵法 関連書籍

 

 

もうひとつ自分が役に立ってると思うのが
ランチェスターの法則

孫子に比べるとはるかに最近、
日本とアメリカが戦争してた時代の
軍人さんが考えた法則だったかなー?
正確には違うかも。

 

これは弱者が強者に打ち勝つ方法が書かれています。

資金力の低いザコ組織でも、
特定の分野で集中攻撃すれば、
比較的、その分野でのシェアを奪えるみたいな内容。

エリア(地域)戦略などについても書かれていて

特に実店舗経営には応用しやすく
ちょっと古い戦略書に感じるかもしれないでしょう。

 

とはいっても、このエリア戦略は
大きく捉えれば
ネットビジネスにも応用できるかもしれません。

ネットビジネスでは
地域というのが存在しないようで、
検索エンジン、youtube、SNSなど
アクセスの流れを起こすポイントが分かれてますよね。

これをエリア(地域)と置き換えて読むこともできるわけです。

 

このランチェスターの法則については
すごくわかりやすかった本があったので、
紹介しておきます。

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略

 

しかし、孫子の兵法とか
ものすごく古い書物が
今でも読まれてるってすごいですよね。

とても面白いので、よろしければ読んでみてね。

 


社長ブログランキング 応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

たくちゃんの初心者向けネットビジネス講義
ツイッターのフォローよろしくお願いします。
メルマガ登録でパックプレゼント

■□■□■□■□


社長ブログ ブログランキングへ
もし記事がお役に立ちましたら、1クリック協力お願いします。

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

【ビジネス】知らないと下手こく今後伸びるっぽいビジネス

わし
馬鹿なりに
今後、伸びるっぽいビジネスを考えてみました。

馬鹿なりにけっこう考えたので、
知っておくとお得な気がするみたいなー

…そんな感じです。

-[PR]-


まず非物理的な商品が求められ、利益も出しやすい。

既にCDの市場というのは滅びましたよね。

雑誌、新聞も滅びの方向へ向かってます。
ぐにゃって曲げられるディスプレイも今後できるみたいだから、この流れはほぼ確定。

DVD、ブルーレイも消える可能性あり。
これらも超高速でダウンロードできれば必要ないモノになる。

物理メディアは消えて から データすら持ち歩くのも消えて
クラウド上のデータを欲しいときに開く
もう既にicloudっていうサービスがあるわけです。

こんなことから、メディアをはじめとする物理的な商品は売れにくく、
非物理的であるほど利益も出しやすいし、売れやすい。

こういう流れが起きます。
というか起きています。

 

これを覆す革命的なアイディアがあるというなら、わからないけどね。
そういう天才が現れるのか…?

 

そういう意味では
カードショップたくちゃんで扱っている
トレーディング・カードゲームというのは
比較的、物理的には紙切れであるから、
この流れの影響を受けにくいのだけれど、

現状でも、手元に残らないデータのカードを集める
スマホゲームに圧倒的にユーザー数で負けているのは事実。

これは脅威です。

 

 

だがしかし、
ビジネスの最小単位である人対人

人と人を繋げる 心と心をつなげる
といったニュアンスのサービスは今後伸びる

これまで、便利な物が売れ続けてきたのだが、
世の中便利になりすぎた。

利便性が満たされた人類がどこに向かうかというと、
人 と 心 を求めるようになる。
全人類的にそういう方向に向かう可能性が高い。

 

だとすると、
宗教組織や、
アイドル、音楽などのエンターテインメントも伸びるっぽいです。

 

そして、どんなにSNSが発展したとしても、
人と人、心と心の部分では
リアル対面のコミュニティというのは、腐らないでしょう。

この部分に関しては
どんなにハイテク化が進んでも
石器時代のままなんじゃないかと、
わしは考えております。

 

だから、トレーディング・カードゲームも
なんやかんやで消えはしない気がしています。
対面しないと遊べないゲームなんですよね。

 

自分のやっているビジネスをこれらのことに
あてはめて今後どうなるか
どうすべきか考えて役立てていただけると嬉しいです。

 


社長ブログランキング 応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

たくちゃんの初心者向けネットビジネス講義
ツイッターのフォローよろしくお願いします。
メルマガ登録でパックプレゼント

■□■□■□■□


社長ブログ ブログランキングへ
もし記事がお役に立ちましたら、1クリック協力お願いします。

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

【カード屋起業】カードショップ実店舗の存在価値を考える回

いやーまいったまいった!

蒲田のカードショップたくちゃん

来店されるお客様にはとても感謝してますが、
実店舗の存在意味について改めて考えさせられる今日この頃。

 

実店舗売上低いのに鬼固定費かかってる件

ガチな話、売上の数字の部分を見ると
店2のネット8くらいの割合で、ネットショップの方が
圧倒的に売上げがあるという現実があります。

更に実店舗はレジ打ちその他業務をするための人員を配置し、
給料を支払わなければならない。
これすなわり人件費が生じるということ。

アマゾンならば毎月4900円の固定費がかかりますが、
実店舗となると、「あれ?俺、ヒルズに住めますよね?」くらいの固定費がかかっている。

数字だけ見ると実店舗意味ないじゃん!

 

そして、我々のようなカードショップという業態は
“デュエルスペース”という商品で遊ぶ場所を提供しているのですが、
そのスペースは基本無料で使えるというのが、
定着してしまっている。

お店の面積あたりの固定費を考えると、集客効果を計算に入れたとしても
その固定費をペイできているとは到底思えない。気がしている。

たくちゃん、何度かリニューアルをしてみて、わかったことは
お店のスペースは可能な限り、商品露出に使った方が売上が上がりました。

-[PR]-


TCG(トレーディングカードゲーム)市場はコミュニティビジネスだったりする件

この流れだと
デュエルスペースなどの空間提供は金にならないってことになっちゃいますが、
カードゲームは、対戦相手、トレード相手が沢山いるということが
価値となる特性を持っています。

例えば、クラブにいく場合、女の子が全然いないクラブには行きたくありませんよね?

それと同じ感じで、対戦相手がいないカードゲームの
カードを一人で空しく集めたいという人はいないんです。

 

これはカードゲームのゲーム性や内容よりも大事かもしれません。

仮にヴァンガードがものすごいクソゲーだったとしても、
巨乳で可愛いクラスメイトの女子に「ヴァンガードしよ?」と言われたら、
ヴァンガード始めちゃいますよね?
…あれ?俺なら始めます。クソゲーでも。

新しいカードゲームを営業されるときに、ユーザーを増やすための働きかけがされてるかどうかが俺は一番気になります。ゲームが面白いかつまらないかは初動ではほぼ関係ないし、ユーザーが増えて収益が得られていれば、ゲーム性を整えるのも容易いでしょう。

 

そして、そういったユーザーのコミュニティを広げるのにデュエルスペースなどの
プレイヤーが集まる空間があるというのは大事な事なのです。

それを理解してるメーカーは
デュエルスペースを用意してるお店を優遇してくたりします。

デュエルスペースにはそういう意味の価値があるということです。
そこで、ユーザーが増え、増えたユーザーがユーザーを連れてくるような好循環を狙うのが理想ではあります。

リアル店舗の意味を考えるときに、このリアル対面のコミュニティ形成ということは必ず意識するべきでしょう。

リアル店舗はなにかと信用が得られる

リアル店舗の良い特徴として、信用が得られるということがあります。
この信用がリアル店舗をやる一番のメリットかもしれません。

現代の日本では目に見えない商品・業務を虚業とする時代遅れな価値観が根付いてます。

目に見えるお店をやっていると、メーカーや、卸業者との取引が圧倒的にスムーズになります。

またカードショップの収益の核となっている店頭買取からのリサイクルもスムーズです。
不要なカードをネットで買い取ってくれるという広告も見かけますが、
やはりリアルショップの店頭の方が多く買い取れます。

店頭で買い取ったリサイクル品をネット上で売るという仕掛けが現状、たくちゃんの利益面ではかなり強いです。

リアル店舗の価値 まとめ

・ネット物販に比べて鬼固定費がかかりますが、
 メーカーその他取引先との信用が得られる。

・リアルコミュニティの形成とその拡大によって、
 市場全体の底上げに協力できる。

おわりー!


社長ブログランキング 応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

たくちゃんの初心者向けネットビジネス講義
ツイッターのフォローよろしくお願いします。
メルマガ登録でパックプレゼント

■□■□■□■□


社長ブログ ブログランキングへ
もし記事がお役に立ちましたら、1クリック協力お願いします。

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ