カテゴリー別アーカイブ: ボードゲームレビュー

【ボドゲレビュー】セカオワが言及し、爆発的ヒット「ワードバスケット」

ワードバスケット
2015年 大ヒットしたゲームらしい。


メビウスゲームズ ワードバスケット

いったい何をするゲームかというと、
しりとりをするゲームなのだ。

カードゲームという側面からみると、
UNOのように手札を無くしたら勝ち!というタイプのゲーム。

カードにはひらがなが一文字書かれている。

捨て札にあるカードから始まって
手札のカードで終わる言葉を宣言することで、
手札のカードを捨てることができる。

一定の文字数以上の言葉ならなんでもよいなどの
特殊カードも存在します。

かなりライトなゲームで、
ゲーマー向けとは言えないけど、

子供から大人まで何の抵抗もなく遊べる。

しりとりにちょっとスパイスを振っただけで、大ヒットゲームとなった
ワードバスケット

こういうライトなゲームはドリンク片手に気軽にプレイできて、
なかなか重宝します。

オススメ!


メビウスゲームズ ワードバスケット

カードゲーム「GETGEM」無料ダウンロード配信中

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

【ボドゲレビュー】建設&計画で絶景都市を目指す「スカイライナー」

スカイライナーを紹介します。


スカイライナー/skyliners ボードゲーム 日本語ルール付き

各プレーヤーがそれぞれ自分の都市計画に基づいて摩天楼を作るゲームです。

プレイヤーそれぞれは四角いボードの一辺を担当し、
その一辺から見て沢山、建物が見える状態を作ると高得点が得られるという
変わった得点方式。

さらに都市計画カードというのを秘密裏にプレイして、
どの列に建物が何個見えるかを計画しなければなりません。

ゲーム終了時にその計画通りになっていないと得点が得られず、悩ましいポイントとなっております。

各プレーヤーは自分の色のビルコマと屋上コマと、公園コマを持っています。

初めにランダムに中立のビルコマと中央公園を配置してゲーム開始です。

プレイヤーの手番でできることは
建物を好きな場所に2個配置するか
もしくは1個配置し、都市計画を実行するかの2択です。

都市計画ですが、ゲーム終了時に先にプレイされた都市計画カードから
建物にアンテナが立つボーナスがあり、
予想がつきにくい序盤から都市計画をすることにも意味があります。

このアンテナによるボーナスがなかなか大きいので、
都市計画を仕掛けるタイミングを考える部分もこのゲームに奥深さを与えています。

この自分自身にかける感じは
少しウィザードやスカルキングに似てる感じがしました。


Wizard Card Game


Skull King

またスカイライナーですが、
都市計画の要素を取り除いた
簡易ルールもあり、キッズ層とも楽しめる仕様となってますので、
幅広い層におすすめできるゲームかと思います。

ゲーム終了時には立体的な摩天楼が出来上がるので、
ビジュアル的にも楽しいです。
が、そのおかげでちょっと高い。

割とライトなプレイ感なのに、
値段がヘビーなのが弱点かもしれませんが、
長く遊べる良ゲーだと思いました。


スカイライナー/skyliners ボードゲーム 日本語ルール付き

プレイしている動画を公開しました。
中学生みたいなノリになってます。すみません…

カードゲーム「GETGEM」無料ダウンロード配信中

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

【ボドゲレビュー】ダイスをドラフトし建造物を建てる「ブループリント」

今回はブループリントというダイスゲームのレビューです。


ブループリント 日本語版

このゲームはダイスをドラフトし、
積み上げて建造物を建て、
勝利点を競うゲームです。

ダイスゲームというより、
ダイスを使ったドラフト系ゲームという印象を受けました。

ドラフト系ゲームでは、世界中で支持されている
7ワンダー これは鉄板。

「世界の七不思議」日本語版

国産ではフェアリーテールが有名ですね。

妖精奇譚 Fairytale

これらのドラフト系ゲームのゲームの流れはカードをプレイヤー間で、
ドラフトして回すのですが、

ブループリントは
ダイスプールから、欲しいダイスをドラフトしてから、
ラウンド開始時に渡される設計図にダイスを設置し、
ランダムに新たなダイスをふって追加するというカタチになってます。

それぞれのプレイヤーが6個のダイスを設置したところで、
1ラウンド終了。
計3ラウンドで、勝利点を競います。

4色のダイスがそれぞれ8個あるのですが、

4色のダイスはそれぞれ得点の発生のしかたが異なり、
設計図どおりに作ることでも、ボーナスが得られます。

またドラフトゲームではありがちな
ダイスの組み合わせの役によるボーナスがあり、
これが直接勝利点となる強力なものとなっています。

ダイスの得点発生を最大限に生かしつつ、
設計図どおりに建築することのボーナスを意識しつつ、
ダイスの組み合わせによる役を狙う。
他のプレイヤーが欲しいと思われるダイスを取っておく。
といった具合に、立体的な思考が求められるゲームでとても楽しめました。

ダイスを積み上げて、それを建造物に見立てているところが、
このゲームのオリジナリティとして尖ってます。

またカードではなく、ダイスであることから、
ダイスの色は各色8個ですが、出目がランダムとなります。

これはカードゲームでいうところのドラフト対象である山札がランダムに変わる仕様ということで、スートは読めても、数字は全く読めない。そんなところも面白いです。

動画でもレビューしていますので、
よろしければご視聴お願いします。


ブループリント 日本語版

カードゲーム「GETGEM」無料ダウンロード配信中

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

pandemic_legacy-components-w1070

【ボドゲレビュー】超重ゲー パンデミックレガシー シーズン1 レビューとちょっと攻略

パンデミックレガシー シーズン1という重ゲーをソロプレイするという廃人ぷりを発揮している今日この頃。
ソロプレイってのが局地的廃人ですよね。

1プレイ1時間を最短12回、最高24回プレイしなければいけないというゲームでしたが、今、最後までプレイし終わりましたので、レビューしようと思います。

というか、パンデミックレガシー ゲームの基本的なシステムは
普通のパンデミックと同じですので、基本的なプレイ感は同じなんですが、


パンデミック:新たなる試練 日本語版

↑これ普通のパンデミック。

レガシーカードというシステムによって、ゲームの進行状況により、新たなルールとコンポーネントが追加され、こっちが不利になったり、有利になったりする派手なイベントが起きて、すごく面白かったです。

シナリオに関してはよくある鉄板のシナリオだったりするものの「マジか!」と感じさせる流れでよかったです。
RPGをプレイしてるような感覚がありました。

ただ思うのは普通のパンデミックのスタンダードルールを、クリアできるくらいの腕がないと、負け続けてストレスフルなゲームになりそうな気もしました。

負け続けて全然ダメな人向けの救済システムも見られましたが、その救済システムがあったら、個人的にはつまらないのではないかと感じるようなものでした。

またゲームのコンポーネントにシールをベタベタ貼っていくゲームなので、最後まで遊び終わると、ゴミになるのかというと、
そんなことはなく、最後までプレイし終わったら、貼ったシールを無視するか全部はがすなどして、普通のパンデミックとして遊ぶことができます。

ただ今までのパンデミックとその拡張を買うと、
ペトリ皿とかビンとかゲームの雰囲気をよくするグッズが入ってるので、
このゲームのファンは結局のところ、全部買って損しない気はします。


パンデミック:迫りくる危機 日本語版

↑こんな拡張とかいっぱい出てるんだよ。

ネタバレ満載ですが、
パンデミックレガシー実況プレイ動画をあげておりますので、
今後プレイする予定がある人にはオススメできませんが、チェックお願いします。

→ パンデミックレガシープレイ実況 byたくちゃんねる

またパンデミック全然知らない人は
ゆっくりルールを解説しながらプレイしている動画ありますので、
見てみてくださいね。
↓↓↓

ネタバレしない程度に攻略法をあげておきます。

・今までにない「地域」という概念が追加されています。ボードが大陸毎に6つに線で別れており、それらを地域というようです。地域に関してルールミスしやすい部分かと思いました。

・ウィルスが3個置かれた都市でターンエンドしないこと。レガシーではアウトブレイクした都市にいると、キャラクターが傷を受けます。
普通のパンデミックでも、アウトブレイクしそうな都市に移動してエンドは意味が弱く、それなら、近場を治療してた方が強いです。

・根絶に成功したら、グレードアップは全て良性変異に。
根絶に成功すること自体が、ラッキーなことなので、様々な難関が増えていくことを考えて、通常のウィルスは良性変異によって楽に処理できるような状態を整えておくと良いです。

・ネタバレになるので、具体的にはいえないのですが、上記の良性変異をはじめ、次のゲーム以降で良い影響を与えるアクションを積極的にやること。負けが見えてるときなどは特に、そのゲームで勝つことをあきらめて、次のゲーム以降で良い影響があるアクションを選択していくというプレイングが必要なことがあります。

この手のゲーム再生産されない傾向があるので、
気になる方は早めにGETしておくといいかもしれないです。


パンデミック:レガシー シーズン1(青箱) 日本語版



ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦
戦略型ババ抜き系カードゲーム
「GETGEM」製作日記

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

Small-World03_thumb

ライトなプレイ感だけど、奥深い陣取りゲーム「スモールワールド(smallworld)」【ボドゲレビュー】

ボドゲアプリ満載のipadで始めよう。
充実の新時代のボドゲライフ♪

今回はあちらこちらで
とても高い評価を得ている陣取り系ゲーム
「スモールワールド」をレビューします。


スモールワールド 日本語版

↑まず見てください。パッケージ、コンポーネントがとてもポップで可愛い感じです。

自分はアプリ版しかプレイしたことないのですが、
ipadアプリは日本語対応してるので、とてもオススメです。

このゲームはとてもシンプルな陣取りゲームとなっているのですが、
特殊能力と種族の選択による様々な組み合わせのコンボと
現在の種族を衰退させ、新たな種族に乗り換えるという概念によって、
ライトなプレイ感でありながら、奥深さがあるという絶妙なバランスのゲームになってます。

Small-World03_thumb

最初の手番では
ランダムに並べられた特殊能力と種族の組み合わせ
コンボをひとつを選びます。

このコンボがランダムに並んでいるのですが、
一番上のコンボを選ぶとノーコストなのですが、
下へ選択肢を増やしていくと、勝利点であるコインが1点ずつコストとしてかかるようになっています。
(2番目を選ぶと1コイン、3番目を選ぶと2コインといった具合です。)
つまり基本的に一番上を選んだ方がコスト的には有利なのですが、
相手も同じ条件で選択することから、場の状況や先を見据えて、
コストをかけてでも下の組み合わせを選択するかという思考ポイントが生まれます。

この特殊能力と種族のコンボによって決められた数の
選んだ種族のトークンを得ます。

ターンは
侵略→再配備の順に進行します。
侵略のルールは基本的に
最初の1手目はボードの端のエリアから侵略可能で、その後、隣接するエリアへ侵略を続けることができます。
なにもないエリアには2枚のトークンが必要で、山を侵略する場合には3枚、
他のトークンが置かれているエリアに侵略するにはその置かれているトークンの数分追加で必要になります。

Riskを初めとする陣取りゲームは
侵略する度にダイスを振り合って戦闘の処理をするのですが、
このゲームではそのターンの最後の侵略のときだけ侵略側がダイスを振ります。
ダイスは3面が0で、1、2、3が1面ずつの特殊ダイスで、
この出た目分のトークンが侵略に必要なくなります。(最低一つはトークンは必要です。)

Hasbro Risk Board Game

(↑これが元祖陣取りゲームRisk)

ダイスの目によって、最後にトークンが足りてないのにエリアを多く侵略できるかも!
という感じです。

このダイスを振るのが最後の侵略だけというルールも
最初はふわっとしたのですが、
何度もダイスを振り続けることに飽きてくることってありますし、
運の要素を少し入れました。って感じでうまいスパイスになっており、
個人的にはなるほどな!と関心した部分です。

侵略が終わったら、再配備することができます。
侵略したエリアには最低1枚のトークンを残し、
侵略されたくないエリアに複数のトークンを置くことで
そのエリアの防御力を高めることができます。

そして、ターン終了の度に侵略しているエリアによる勝利点を得ることができます。
これを何ターンか繰り返して、勝利点が多いプレイヤーが勝ちというゲームです。

トークンは最初のコンボ選択時にしかもらえません。
また侵略されることによって数が減ります。
ですので、これ以上、エリア侵略が難しい局面が訪れます。

そうなったら手番を消費して、現在の種族を衰退させることで、
新たなコンボを選択することができます。
基本的に衰退した種族は元々置かれていたエリアに1枚だけ残り、
侵略を広げることはできなくなりますが、勝利点を得ることはできます。

手番を消費してしまうので、種族乗り換えのタイミングを見極めることが、非常に悩ましく、
このゲームのアクセントになってます。

基本的なルールはこれでほぼ全てですが、
特殊能力と種族のコンボがたくさんあって、
それがこのゲームの奥深さを演出しています。

1プレイは短いので、数回プレイすると
特殊能力と種族の能力のウマイ使い方がわかるようになってきて、
リプレイが止まらなくなる良ゲーだと思います。

とてもオススメです。是非チェックしてみてください。

スモールワールド 日本語版



ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦
戦略型ババ抜き系カードゲーム
「GETGEM」製作日記

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ