オススメのバッティングカードゲームとその派生

オススメのバッティングカードゲームとその派生カードショップTAKCHANブログ天才ゲームクリエイターおよびハイパーメディアクリエイターに今まさになろうとしている。

37歳独身学歴これといってなし。職業紙ゴミ回収業者の原たすくです。

 

今回はボードゲーム、テーブルゲームの中でも

手軽に楽しめるカードゲームを紹介します。

 

そして、その中でもバッティングというギミックがあるゲームに絞ってみました。

鉄板のゲームからその派生の面白ろゲームまで紹介しますよー!

 

「ハゲタカのえじき」

カードゲーム ハゲタカのえじき 日本語版

 

このゲームは放課後さいころ倶楽部でも出てきたゲームですので、知っている人もいるかもしれません。バッティングといえばこのゲームと言えるくらい鉄板カードゲームです。

 

このカードゲームは点数札に対して、プレイヤーそれぞれが数値カードを出し、強いカードを出したプレイヤーがその点数札を手に入れることができるというシステムなのですが、他のプレイヤーと同じ数値カードを出してしまった場合には、どんなに強い数値カードでも点数札を得る権利を失ってしまいます。

 

他のプレイヤーと同じ選択をするとNG!これがバッティングと言われてるシステムと言っていいかもしれません。

 

やってみないとなかなかわからないのですが、これがかなり盛り上がります。

 

ハゲタカのえじきをプレイしている動画もありますので、お時間があれば見てみてください。

 

さらにさらに!

オススメのカードゲームがあります。

これから紹介するゲームは上記ハゲタカのえじきの派生と言ってもいいでしょう。

 

それはコレ!

ゲット・ビット!(Get Bit!)

 

コンポーネントはハゲタカのえじきと同じような手札となるカードの他に

サメと手足が取れるプレイヤーフィギュアが入っています。

 

プレイヤーのフィギュアを1列に並べて、最後尾にサメを置いてゲームスタート!

 

プレイ感はハゲタカのえじきと似ているのですが、ハゲタカのえじきでは強い数値カードを出したプレイヤーが得点札を得るの対して、このGET BITでは低い数字を出したプレイヤーから順番にフィギュアを先頭に移動させるという処理をします。

ハゲタカのえじきと同じく、他のプレイヤーと同じ数字を出してしまったら、移動はできないというバッティングシステムがこのゲームにもあります。

 

その結果、最後尾にいるプレイヤーのフィギュアはサメに喰われて両手両足のどれかを失います。(フィギュアの手足は外れるようになっている。)

 

そんなゲーム。

 

点数札の取りあいから、HPの削りあいにアレンジするだけで、違う楽しみのあるゲームになるんですねぇー。

 

と感心していたら、それをさらに上回り、バカゲーに進化したゲームを見つけました。

それはコレです。

Kalimambo Zoch Verlag Board Game

 

「カリマンボー」

このゲームは相当ヤバいです!

 

カオス過ぎてこのゲームの世界観を正しく伝えられるか自信がないのですが、頑張ります。

 

プレイヤーコマはボード上のマスを周回する感じです。

さきほど紹介したGET BITと同じ感じで、サメでなくサイに追われています。

それとプレイヤーコマとは関係ないランダム数値カードを出すNPCのようなコマも混在してます。このコマが謎の新種の動物とのことです。

更にはボード上のマスのいくつかにはゾウのウンコがばらまかれております。

…っていう…ゲーム。

 

GET BITと同じように最後尾になってしまうとサイの突撃を受けて、失点を受けます。

それに加えて、ボード上のウンコを踏んでも失点を受けます。

またサイの突撃を受けたコマは先頭に飛ばされるという処理を行うのですが、その飛ばされた先にウンコなんていうコンボが発生したりします。

 

小学生が白目向いて笑いそうなシステムなんですが、斬新で感動しました。

ランダムで山札をめくって数値を出すNPC(※謎の新種の動物という設定)が存在するのもシステムとしてはかなり斬新なんですよ。

人じゃない数値は全然読めないですからね。

今回は鉄板カードゲーム「ハゲタカのえじき」とその派生のゲームの紹介でしたー!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>