【カード屋起業】リアル店舗いらなくね?の巻

【カード屋起業】リアル店舗いらなくね?の巻カードショップTAKCHANブログ前回の記事にて
ネットショップをやると、
無人で自動的に24時間、全世界のインターネットにつながったパソコンから
受注、集金できるという話をしました。

これと同じ事をリアルでやろうとすると、ヤバい大変です。
全世界に敷金礼金払って、お店を作って、
更には24時間、販売員を配置し、彼らに給料を払わなきゃいけない。
こうなると、リアル店舗作る意味なくね?って話になりそうなんですが

…あるんです。意味が。
2014年現在、
リアル店舗があると、なぜかネットショップより、ずっとずーっと売れてないのに
各種取引先の信用が得られやすいんですよ。なぜか。不思議です。全然売ってないのにマジで。

どうやら現代では
売っているという事実よりも
視覚的に「在る・存在する」とわかる状態であるほど、
信用を得られやすいようです。

 

ヤフーオークションなどのネットオークションでの販売をしてる人や、アマゾンのセラーになっても、問屋と取引してもらえないことが多いです。
しかし、いきなりリアル店舗を作るのは金銭的に厳しいでしょう。

そこで、視覚的にわからせるために、アマゾンのセラーになるのと平行してオススメなのが、
“モールタイプのショッピングサイト”を作るというのがオススメです。
去年末に、ヤフーショッピングが無料になりましたので、ヤフーショッピング、オススメです。
しかし、ヤフーは審査がめんどくさいので、何かと気合が必要になります。

もっとライトにショッピングサイトを作りたい場合は、
BASEhttps://thebase.in/がオススメです。
かなり簡単に作れます。
ヤフーはヤフー検索からの集客がわずかにあって、テキトーにやっても、まあまあ売れます。
BASEは自力でURLへ集客しないと全く売れないです。

非常識かもしれませんが、ここでのモールタイプのサイトを作る目的は、
売るためではなく、店が在る・存在すると取引先にわからせるためなので、売れなくていいんです。

こうやって、取引先を増やし、売上を増やし、リアル店舗出店!っという流れをオススメします。

俺の薦めるやり方で行けば、確実かつスピーディーに収益を増やしながら
借金無しで余裕でカード屋作れますよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>