【カード屋起業】ネットショップから起業しましょ

【カード屋起業】ネットショップから起業しましょカードショップTAKCHANブログカードショップに限らないと思うんだけど、
今はスマフォユーザーも増えて
より一層、インターネットショッピングで買い物をする人は増えてるわけです。

そんなわけで
小売業、物販するなら
自分はネットショップからの起業をすすめます。

 

2014年の現状はAmazonの大口出品者というのになることをオススメします。
短くても2年はAmazonが最強の販売チャンネルとして君臨し続けると考えてます。
というのもヤフーショッピングや、BASEといった無料のECサイトが時間をかけて伸びるんじゃないかって思ってます。
でも、現状はAmazonが最強です。
ネットショップを始めるのは難しいんじゃないかって思うかもしれないんだけど、Amazonに商品を出品するのはすごく簡単で、どんな感じか説明すると、
・あらかじめ存在している莫大な種類のアマゾンのカタログの中から
出品したい商品を 名前 JANコードなどで検索。
・検索によって出た商品カタログに対して、販売価格と個数を入力。
以上!
って感じなんだよね。超簡単なんです。

カード屋やりたい場合には感動すると思うんだけど、
アマゾンにはシングルカードそれぞれの商品カタログが存在するんです。
誰が買うんだよっていうコモンカードの商品ページもあらかじめ存在すると。

 

それとネットショップからの起業のメリットは初期コストが圧倒的に安いんだよ。

カードショップTAKCHANを作るとき、超絶コストを削減しまくって
初期費用が200万かかりました。内装手作りなんで、超安く店できたんだよね。
普通にトレーディングカードのリアル店舗を出そうとすると、商店街の一階に店出したら500万くらいかかります。まあ、500万ってのも安いけどね。アパレルや飲食店やろうと思ったらもっとかかるんじゃないですかね。

それに比べて、アマゾンの出品者になるのに必要な初期費用は4900円。
いや正確には出品者になった最初の月の売上から4900円が引かれるため、0円と言ってもいいかもしれない。

 

それと大事なのが
アマゾンは商品を出品した瞬間から
無人で自動的に24時間、全世界のインターネットにつながったパソコンから
受注、集金までをやってくれるんだよね。
本当にこれ大事。

 

今後、ネット販売とリアル販売の格差はドンドン広がっていくと考えてます。

 

正直な話、TAKCHANで買い物してくれるお客様には本当に感謝しているけど、総売上の8割以上がネットからの売上なんだ。
超店内混雑してるときあるけど、実際にはその5倍以上売れているということです。
今日はここまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>