【カードショップ開業】ヤフーストアの裏テク

【カードショップ開業】ヤフーストアの裏テクカードショップTAKCHANブログ

今回はヤフーストアの裏テクを紹介します。

カードショップでなくても、無料になったヤフーストアによって、できる裏テクですので、カードショップではない方でもお得な情報かもしれません。是非お付き合いください。

実はヤフーは利用無料になっただけでなくて、
外部リンクも自由になり、
買い物してくれたお客様のメールアドレス取得も自由になってるんです。

人気商品の在庫がある状態にしておくと、ヤフー検索からのSEOが鬼強くなり、
そうして、ヤフーストアを訪れた人に、店内に外部リンクを貼っておけば、
リアル店舗の宣伝などもできます。
自分の場合、このブログに案内するということもしています。

ちょっとえぐいテクニックとしては、
商品ページに「在庫切れの場合はこちらをチェック!」といったリンクを配置して、
アマゾンアソシエイトプログラムに飛ばすこともできます。
お客目線で、探してる商品が見つけやすくなるので、悪くないことだと思います。

他にも話し出したらキリがないほど、いろんな仕掛けを設置できます。

ただ最近、利用規約が更新されて、商品の販売とは関係のないページ作成の禁止・情報商材への誘導禁止・在庫がないのにあるように見せかけることの禁止などといった項目が追加されました。

なので、お客様の目的である、「欲しい商品を手に入れる」ことをサポートするような外部リンクならばOKっていうのが俺の解釈です。それ以外へ誘導するならワンクッション挟んだ方が良いですね。
実はこのブログがクッションなんですけど。

お客様のメールアドレスに対しても、商品案内ベースの文面に、見て欲しいページのリンクを混ぜる感じなら苦情になりにくいです。メールに関しては商品案内だけでも、解除希望されるので、商品案内も商品案内だと思わせない工夫が必要です。
たとえば、デッキレシピを送って、「詳しいデッキ説明はこちら」といって飛ばし、飛ばした先が商品リンクで構成されたページみたいな。

これによってネットショップの売上以外に広告収入を得ることができます。

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

もし記事がお役に立ちましたら1クリックお願いします。

カードゲーム ブログランキングへ

あなたが良く使うソーシャルサイトから友達申請やフォローしてね♪
twitter/mixi/facebook/GREE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>