カテゴリー別アーカイブ: は

オススメのバッティングカードゲームとその派生

天才ゲームクリエイターおよびハイパーメディアクリエイターに今まさになろうとしている。

37歳独身学歴これといってなし。職業紙ゴミ回収業者の原たすくです。

 

今回はボードゲーム、テーブルゲームの中でも

手軽に楽しめるカードゲームを紹介します。

 

そして、その中でもバッティングというギミックがあるゲームに絞ってみました。

鉄板のゲームからその派生の面白ろゲームまで紹介しますよー!

 

「ハゲタカのえじき」

カードゲーム ハゲタカのえじき 日本語版

 

このゲームは放課後さいころ倶楽部でも出てきたゲームですので、知っている人もいるかもしれません。バッティングといえばこのゲームと言えるくらい鉄板カードゲームです。

 

このカードゲームは点数札に対して、プレイヤーそれぞれが数値カードを出し、強いカードを出したプレイヤーがその点数札を手に入れることができるというシステムなのですが、他のプレイヤーと同じ数値カードを出してしまった場合には、どんなに強い数値カードでも点数札を得る権利を失ってしまいます。

 

他のプレイヤーと同じ選択をするとNG!これがバッティングと言われてるシステムと言っていいかもしれません。

 

やってみないとなかなかわからないのですが、これがかなり盛り上がります。

 

ハゲタカのえじきをプレイしている動画もありますので、お時間があれば見てみてください。

 

さらにさらに!

オススメのカードゲームがあります。

これから紹介するゲームは上記ハゲタカのえじきの派生と言ってもいいでしょう。

 

それはコレ!

ゲット・ビット!(Get Bit!)

 

コンポーネントはハゲタカのえじきと同じような手札となるカードの他に

サメと手足が取れるプレイヤーフィギュアが入っています。

 

プレイヤーのフィギュアを1列に並べて、最後尾にサメを置いてゲームスタート!

 

プレイ感はハゲタカのえじきと似ているのですが、ハゲタカのえじきでは強い数値カードを出したプレイヤーが得点札を得るの対して、このGET BITでは低い数字を出したプレイヤーから順番にフィギュアを先頭に移動させるという処理をします。

ハゲタカのえじきと同じく、他のプレイヤーと同じ数字を出してしまったら、移動はできないというバッティングシステムがこのゲームにもあります。

 

その結果、最後尾にいるプレイヤーのフィギュアはサメに喰われて両手両足のどれかを失います。(フィギュアの手足は外れるようになっている。)

 

そんなゲーム。

 

点数札の取りあいから、HPの削りあいにアレンジするだけで、違う楽しみのあるゲームになるんですねぇー。

 

と感心していたら、それをさらに上回り、バカゲーに進化したゲームを見つけました。

それはコレです。

Kalimambo Zoch Verlag Board Game

 

「カリマンボー」

このゲームは相当ヤバいです!

 

カオス過ぎてこのゲームの世界観を正しく伝えられるか自信がないのですが、頑張ります。

 

プレイヤーコマはボード上のマスを周回する感じです。

さきほど紹介したGET BITと同じ感じで、サメでなくサイに追われています。

それとプレイヤーコマとは関係ないランダム数値カードを出すNPCのようなコマも混在してます。このコマが謎の新種の動物とのことです。

更にはボード上のマスのいくつかにはゾウのウンコがばらまかれております。

…っていう…ゲーム。

 

GET BITと同じように最後尾になってしまうとサイの突撃を受けて、失点を受けます。

それに加えて、ボード上のウンコを踏んでも失点を受けます。

またサイの突撃を受けたコマは先頭に飛ばされるという処理を行うのですが、その飛ばされた先にウンコなんていうコンボが発生したりします。

 

小学生が白目向いて笑いそうなシステムなんですが、斬新で感動しました。

ランダムで山札をめくって数値を出すNPC(※謎の新種の動物という設定)が存在するのもシステムとしてはかなり斬新なんですよ。

人じゃない数値は全然読めないですからね。

今回は鉄板カードゲーム「ハゲタカのえじき」とその派生のゲームの紹介でしたー!


pandemic_legacy-components-w1070

【ボドゲレビュー】超重ゲー パンデミックレガシー シーズン1 レビューとちょっと攻略

パンデミックレガシー シーズン1という重ゲーをソロプレイするという廃人ぷりを発揮している今日この頃。
ソロプレイってのが局地的廃人ですよね。

1プレイ1時間を最短12回、最高24回プレイしなければいけないというゲームでしたが、今、最後までプレイし終わりましたので、レビューしようと思います。

というか、パンデミックレガシー ゲームの基本的なシステムは
普通のパンデミックと同じですので、基本的なプレイ感は同じなんですが、


パンデミック:新たなる試練 日本語版

↑これ普通のパンデミック。

レガシーカードというシステムによって、ゲームの進行状況により、新たなルールとコンポーネントが追加され、こっちが不利になったり、有利になったりする派手なイベントが起きて、すごく面白かったです。

シナリオに関してはよくある鉄板のシナリオだったりするものの「マジか!」と感じさせる流れでよかったです。
RPGをプレイしてるような感覚がありました。

ただ思うのは普通のパンデミックのスタンダードルールを、クリアできるくらいの腕がないと、負け続けてストレスフルなゲームになりそうな気もしました。

負け続けて全然ダメな人向けの救済システムも見られましたが、その救済システムがあったら、個人的にはつまらないのではないかと感じるようなものでした。

またゲームのコンポーネントにシールをベタベタ貼っていくゲームなので、最後まで遊び終わると、ゴミになるのかというと、
そんなことはなく、最後までプレイし終わったら、貼ったシールを無視するか全部はがすなどして、普通のパンデミックとして遊ぶことができます。

ただ今までのパンデミックとその拡張を買うと、
ペトリ皿とかビンとかゲームの雰囲気をよくするグッズが入ってるので、
このゲームのファンは結局のところ、全部買って損しない気はします。


パンデミック:迫りくる危機 日本語版

↑こんな拡張とかいっぱい出てるんだよ。

ネタバレ満載ですが、
パンデミックレガシー実況プレイ動画をあげておりますので、
今後プレイする予定がある人にはオススメできませんが、チェックお願いします。

→ パンデミックレガシープレイ実況 byたくちゃんねる

またパンデミック全然知らない人は
ゆっくりルールを解説しながらプレイしている動画ありますので、
見てみてくださいね。
↓↓↓

ネタバレしない程度に攻略法をあげておきます。

・今までにない「地域」という概念が追加されています。ボードが大陸毎に6つに線で別れており、それらを地域というようです。地域に関してルールミスしやすい部分かと思いました。

・ウィルスが3個置かれた都市でターンエンドしないこと。レガシーではアウトブレイクした都市にいると、キャラクターが傷を受けます。
普通のパンデミックでも、アウトブレイクしそうな都市に移動してエンドは意味が弱く、それなら、近場を治療してた方が強いです。

・根絶に成功したら、グレードアップは全て良性変異に。
根絶に成功すること自体が、ラッキーなことなので、様々な難関が増えていくことを考えて、通常のウィルスは良性変異によって楽に処理できるような状態を整えておくと良いです。

・ネタバレになるので、具体的にはいえないのですが、上記の良性変異をはじめ、次のゲーム以降で良い影響を与えるアクションを積極的にやること。負けが見えてるときなどは特に、そのゲームで勝つことをあきらめて、次のゲーム以降で良い影響があるアクションを選択していくというプレイングが必要なことがあります。

この手のゲーム再生産されない傾向があるので、
気になる方は早めにGETしておくといいかもしれないです。


パンデミック:レガシー シーズン1(青箱) 日本語版



ポップなキャラクターいっぱいのお宝争奪戦
戦略型ババ抜き系カードゲーム
「GETGEM」製作日記

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

51sMRuD-I2L._SL160_

【ボドゲレビュー】パンデミック 新たなる試練

今回、紹介するゲームは
協力型ゲームの最高ヒット作
最高評価を得ているボードゲーム
「パンデミック 新たなる試練」です。


パンデミック:新たなる試練 日本語版

協力型ゲームって、
モンスターとか、とんでもなく強いドラゴンを
皆で倒すという感じがあるあるパターンなのですが、

このゲームはタイトルから察しの通り、
感染拡大し、人類を滅ぼすウィルスと戦うゲームです。

プレイヤーは
ウィルスの拡大を阻止しながら、
ウィルスの治療薬の開発を目指します。

しかも、凶悪なウィルスが4種類既に流行っているという
絶望的な状態から始まります。

治療薬を4種類作ることができればプレイヤー側の勝ちで、
ウィルスが拡大し過ぎたり、
時間切れ(山札切れ)になると負け。

意外にもルールはシンプルですが、
カード1枚でやれることの選択肢が多いため、
そこで難しいと感じる人も多いようです。

このゲームのアプリ版を解説しながらプレイしている動画がありますので、
是非、ご視聴ください。

アプリの演出かなり良い感じですが、

実際にボード上でも、かなり臨場感があり、
ウィルスが爆発的に増える「アウトブレイク」の演出が効いていて、
世界がウィルスに蝕まれていく様子が伝わってきます。

「アウトブレイク」の処理なんですが、同じ色が4つ同じ地域に貯まると爆発するのですが、
ぷよぷよみたいに連鎖アウトブレイクが起きることもあり、
実はこのゲームの最大に盛り上がるポイントであります。
(世界が破滅に向かっているのにね。)

この臨場感がまずこのゲームの魅力の一つといえるでしょう。

基本、ビギナーモードでプレイしても
ゲームに慣れてない人達でやると、5,6回は世界が破滅します。

そして、反省会になります。
「アジアのウィルスの拡大をもっと早く抑えるべきだったね…」みたいな。

それと自分がこのゲームに感動したポイントは
先の読めないドラマチックな展開が起きる処理を
2つの山札だけで、表現しているということです。

プレイヤーカードの山札と、感染カードの山札 2つだけなんです。

これがよくあるファンタジーRPGモノだと
武器の山札
アイテムの山札
仲間の山札
レベル1の試練の山札
レベル2の試練の山札…
ってな感じで、
えっとどこから引くんだっけって感じがありがちです。

それをたった2つまでに抑えていると。

協力型ゲームの最高ヒット作である理由は
スマートさとボリュームの両立。
派手な演出、臨場感にあるんだと思います。

そういうわけで一度は触れてみるべきゲームです。
より凶悪で絶望的状態からプレイできる拡張版も出てますが、
そのレビューはまた後ほど!

現物より安くプレイできるアプリも出ているので、
アプリから始めるというのも賢い選択かもしれません。


パンデミック:新たなる試練 日本語版



ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」

原翼の無料メルマガよろしければ購読お願いします。
(購読解除も簡単です)
⇒ 原翼メルマガ登録フォーム


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

カードゲーム中心のエンターテイメントサークル
「スタジオたくちゃん」メンバー募集中。

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

好きな事をやって生きるための経済的自由を得るノウハウ
大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ