カテゴリー別アーカイブ: ほ

51bTtZnPwhL._SL160_

【ボドゲレビュー】ホビットの冒険 カードゲーム

今回、紹介するゲームは
ホビットの冒険 カードゲームです。


ホビットの冒険 カードゲーム

トリックテイキングという
古典的トランプゲームをベースに、

悪と善の陣営にチーム分けして戦う
バトルモノとなっているという。

トリックテイキングといえば
点数を競うものがほとんどなのですが、
バトルモノに変換してるというのは
なかなかすごいなとまず思うわけです。

どういった内容かといいますと、

まず最初にプレイ人数に応じて
選ばれたキャラクターカードを
各プレイヤーに配ります。

そのキャラクターカードには
悪と善、どちらの陣営であるかと

そして、それぞれに違った
トリックに勝った時のカードの処理方法が書かれています。

このカードの処理方法は主に
トリックで得たカードを他のキャラクターに
なんらかの形で分配する。
または破棄するといったことが書かれています。

カードにはトランプと同じく色と数字の他に
悪のシンボル、善のシンボルがマークされているカードがあります。

悪のシンボルは
悪の陣営のキャラクターを回復させ、
善の陣営にダメージを与えるイメージで、

善のシンボルはその逆です。

トリックを繰り返すことで、
トリックに勝った時のキャラクターカードの効果によって
シンボルのついたカードを与えたり、
受けたシンボル取り除いたり、
また自分の陣営に不利なカードは破棄したり
ということが繰り返されます。

手札が全部なくなったら、
1ラウンド終了。

ラウンド終了時にキャラクターに相反するシンボル
善陣営のキャラクターならば、悪シンボルが2つ以上あると、
ゲームから脱落します。

ここで勝利条件が満たされていない場合、
2ラウンド目が行われます。

大体のゲームの流れはこんな感じです。

4人でゲームをやっている様子を
動画であげていますので、よろしければご視聴お願いします。

このゲーム
ゲームバランスが善と悪でフェアでないところがあります。

3人でやると悪陣営が有利で
4人でやると善陣営が有利。

5人ではやったことないのですが、
5人だとバランスが良いゲームになるらしいです。

とはいえ、最初からそういうゲームバランスだということを
わかった上でプレイすれば問題ないかなと。

なんといっても、
トリックテイキングという
一般的には地味な印象を与えやすい
ゲームフリーク向けのシステムを

バトルモノに変換し、
派手なイメージにしているところが
このゲームの革新的な部分だと思います。

またトリックテイキングのシステム自体、
古くから親しまれているだけあって、
やればやるほど実力がつくスルメ要素があります。

トレーディングカードゲーマーにも
非常に馴染みやすいゲームですので、オススメですね。


ホビットの冒険 カードゲーム



ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」

原翼の無料メルマガよろしければ購読お願いします。
(購読解除も簡単です)
⇒ 原翼メルマガ登録フォーム


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

カードゲーム中心のエンターテイメントサークル
「スタジオたくちゃん」メンバー募集中。

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

好きな事をやって生きるための経済的自由を得るノウハウ
大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

51QrCVW0WIL._SL160_

【ボドゲレビュー】宝石の煌き(Splendor)

今回、紹介するゲームは
宝石の煌き(Splendor)

プレイヤーは宝石商人になって、
買い物を繰り返し、ビジネスを拡大していき、
勝利点を競うゲームとなっております。


宝石の煌き 日本語版

ルールのスマートさに対して、
戦略はなかなか奥深い印象。

とてもオススメできるゲームです。

盤面には
3段階のレベルの商品カードが
それぞれ4枚ずつランダムに置かれています。

商品には勝利点があり、先に勝利点15点に達したプレイヤーが勝ちです。

プレイヤーが自分のターンに以下のいずれかを行うことができます。

・購入コストとなる宝石トークンを3種それぞれ1個(合計3個)得る。
・同じ色の宝石トークンを2個得る。(その色の宝石トークンが4つ以上あるときのみ)
・購入する。
・全ての色のコストとして使える金を一つ得て、1枚の商品を予約する。

商品カードには購入するために必要なコストと勝利点、
更にその商品カードを持っていることによって、発生するコストが記されています。

買い物をすればするほど、コストの発生源が増えていくので、
うまく回ると、宝石トークンなしで、買い物を連打できるようになったり、
より大きな買い物をすることができるようになっていく。
そして、大きな買い物には大きな得点がついている。といった感じです。

買い物をすると、
新たな商品カードがランダムでめくられます。
このランダム性が良いバランスで運よく強い買い物ができたりなどがありえます。

特に複数でプレイすると、
頻繁に買い物がされていくので、ランダム要素が強まります。

また俺がわかってるだけでも
考えるポイントがかなりあります。

まず高得点の商品は、赤のコストが7必要といった感じで
購入コストが一つの色に偏っていることが多いです。

その商品の購入を目指す場合、赤をコストを発生する商品を中心に買っていくといった
尖ったプレイングが考えられるのですが、

貴族ボーナスというのを得る場合にはバランスよくコスト発生源が必要であることと、
ランダムにめくれるカードが目標とするコストを生み出さない商品ばかりになるリスクを考えると、

尖った買い物を意識するのか
バランスの良い買い物をするのかという
選択に迫られます。

目標とする商品を意識しながらも、リスクヘッジするというなんとも立体的に考える必要がある感じになっているわけです。

また宝石トークンを独占し、そのトークンを消費せずに買い物し続けるとか
相手が手に入れようとしている商品を自分が買うわけでもなく予約する。
などといった意地悪な戦法もありえます。

しかし、この意地悪戦法も強過ぎるわけではないんです。
買い物に使わないトークンを得ることや
買い物しない商品を予約することに自分のターンを消費することになるので、
スピードアドバンテージが下がるんですよね。

最善手で買い物をする超スピード型のプレイヤーや、
バランス重視のプレイヤーには意地悪戦法が効かないことがありえるわけです。

わかっていただけますでしょうか、この絶妙な感じ。

タイマンだとワンプレイ15分くらいで終わります。
繰り返しやりたくなるボリュームですね。

またゲームとは関係がないのですが、
勝利点が得られるカードのイラストには
宝石店、船などの流通手段、宝石の鑑定士、
宝石の価値をわかってくれる貴族などの人物など、
収益を手に入れる「仕組み」となっていること。

そうなんです。

実際のビジネスでも
「仕組み」を手に入れたときに勝利が近づくんですんよね。

宝石そのものはコストでしかないんです。

やんわりビジネスの哲学を感じるわけです。

このゲームから
お金も実はただのコストであるということを
感じることができれば、
このゲームはなかなかの教材といえるでしょう。

動画でもレビューしましたので、よろしければご視聴お願いします。

アプリ版も出ています。日本語対応してませんが、
ルールはこのページに書いてあることがほぼ全てなので、プレイに支障はないでしょう。
現物よりアプリの方が安いので、アプリから始めてみるというのも良いかもしれません。




宝石の煌き 日本語版

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」

原翼の無料メルマガよろしければ購読お願いします。
(購読解除も簡単です)
⇒ 原翼メルマガ登録フォーム


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

カードゲーム中心のエンターテイメントサークル
「スタジオたくちゃん」メンバー募集中。

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

好きな事をやって生きるための経済的自由を得るノウハウ
大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ