タスク@ショップ店長 のすべての投稿

カードショップTAKCHANの店長 そして、作曲家です。 以前はバンドとか音楽とかやってました。 ヨーロッパでプチブレイクして、ツアー回ったりしましたが、 いろいろあって、その活動はなかずとばずで死亡。 楽器が欲しくてやっていたはずのネットビジネスの資金を使って インディーズの音楽を流通するはずだった会社をカードゲーム中心の通信販売玩具屋さんに変更してみた。 そうこうしてるうちに路面店ができました。 「カードショップTAKCHAN」 〒144-0051東京都大田区西蒲田7-64-2(1F) 蒲田駅から徒歩3分。 蒲田駅西口ロータリーに 出入り口が2つあるアーケードのうち、 南側の狭い方の通り 「蒲田西口商店街サンロード」を直進。 左手に「TAKCHAN」という禍々しく怪しいオーラを放つ看板があります。 営業時間13:00~20:00 火曜定休日 mixi,フェイスブック,ツイッターなどSNSなどから、友達申請やメッセージお待ちしております。

ポケモンカードゲーム デッキの作り方 2018 サン&ムーン

2018年夏、ポケモンカードのスタートデッキが9種類も発売されました。

9種類同時発売でしかも価格が500円!既にあちこちで売れ切れのお店もある模様。

この価格でのスタートデッキは多くの方がポケモンカードに触れるきっかけになったようです。

この記事では多くのポケモンカード初心者が悩んでいる
ポケモンカードゲームでのデッキの作り方のヒントをあげていこうと思います。


-[PR]-



■デッキの60枚の配分は?
よくある質問なのですが、デッキ60枚の配分はどうするべきかという質問。
公式がポケモン20枚、トレーナーズ20枚、エネルギー20枚という雑なバランスをオススメしていますが、これは大嘘です。
正解はデッキによって違うので一言で言えない!
…んですよね。でも、これが事実なので、ポケモンカードの構築は難しいのです。

一言で説明できないので、この記事…長くなりそうです。


■どのデッキにも必ず入れるべきカード
まずはどのデッキにも必ず入れるべきカードがありますので、それらを紹介しようと思います。
まず2018年夏サンムーンレギュレーションにおいて、このカードがかなり重要です。

(画像クリックでカード詳細へ)
それはこのカード カプテテフGXです。
このカードを最低1枚、できれば2枚デッキに入れたいところ。しかし、高いカードなんですよね。このカードを入れない理由はないに等しいのですが、この価格のカードに手を出せないという方のためのデッキ構築についても後で説明します。

しかし、完成度の高いデッキを作りたい方はこのカードは必須だと思ってください。

次いで必須のカードは、このカプテテフGXをはじめ、なんでもポケモンを山札から手札に加えることができるこのカード。

(画像クリックでカード詳細へ)
ハイパーボール4枚です。
まず先ほど必須だといったテテフGXを手札に加えることができる他、ポケモンならなんでも手札に加えることができますので、どんなデッキでも腐りません。手札を2枚捨てなければいけないのが気になるかもしれませんが、騙されたと思って4枚デッキに入れてください。

続きまして、デッキに必ず入れるべきカードは山札からカードを引くサポートです。
ポケモンカードゲームに限らず全てのカードゲームは手札が無ければなにもできません。
手札を補充するカードがかなり重要です。

(画像クリックでカード詳細へ)
サポートとは人物が描かれたカードで、1ターンに1度しか使えないカードです。
GXスタートデッキに入っていたジャッジマンも悪くないのですが、もっとたくさんカードを引くことができるカードを採用した方が良いです。ジャッジマンはカード引くというより相手の手札を4枚に減らすという妨害の側面が強いカードなんですよね。

もっとたくさん引くことができるカードにはこんなカードがあります。

(画像クリックでカード詳細へ)
特にシロナはかなりおススメです。
XYレギュレーションでは手札を全て捨てて、7枚引くことができるプラターヌ博士というカードがあって最強のドローカードだったのですが、サンムーンレギュレーションでは現状ありません。(2018年7月)
ポケモンのゲームのスイッチ新作の博士で名称違いで同じ効果のカードが出るんじゃないかと予想してます。

他にもカードを引くことができるサポートはいっぱいあります。パックなどを剥いてサポートを当てたら、それが沢山引くことができるカードであるかチェックしてみよう。

こういったたくさん手札を増やすことができるサポートを8枚デッキに入れてください。

ここで最初に必須カードだとお話ししたカプテテフGXの効果を説明しますが、なんとテテフGXは手札からベンチに出したとき、サポートをデッキから手札に加えることができるのです。さらにテテフGXはハイパーボールで手札に加えることができますので、これまで説明したカードを全て採用することで、手札を増やすカードとそれにアクセスできるカードが14枚デッキに入ってることになります。

60枚中14枚、約25% 4分の1がドローサポート。これを目指したいです。

ということで、テテフGXが高額なので手が出せないという方は、手札を増やすサポートを8枚ではなく、できれば14枚入れた方が良いということになります。デッキによってはサポートに14枚の空きを作ることが困難でしょうが、少なくともテテフ2枚を入れたい枠をドローサポートにして、ドローサポート10枚にすべきです。

テテフGXを採用することで、万能ポケモンサーチカードであるハイパーボールがドローサポートに変わるということです。テテフGXがいかに重要がわかってもらえたでしょうか?

ちなみにテテフGXはサイド落ちしない自信があれば、1枚でも十分機能します。


■ダブル無色エネルギーは必須カード?

(画像クリックでカード詳細へ)

このカードは初心者でも強いと感じたカードでしょう。ですが、このカード4枚必須だとは限りません。デッキのメインアタッカーのワザによっては、色付きエネルギーでないとワザが使えないポケモンもいます。デッキのメインアタッカーのワザのコストに無色2個があるのであれば、このカードは4枚必須カードになるでしょう。
そうでない場合でも、テテフGXをアタッカーとして運用可能なので、2枚程度デッキに入れておくことをオススメします。
ダブル無色エネルギーがあればテテフGXはアタッカーにもなるという。このあたりもテテフGXが人気必須カードである理由ですね。

ここまで説明したところでデッキ60枚中16-18枚が決まりましたねー。
ここまで説明したカード達はどんなデッキでも必要だと考えられるカードでした。


■主力となるポケモンを決めよう!
デッキの中心となる主力となるバトルポケモン、およびアタッカーを決めましょう。
主力となるポケモンの決め方のヒントをここで説明します。

ポケモンカードゲームでの勝利条件は相手のバトルポケモンを気絶させ、サイド全てを取ることです。(たまに特殊勝利を狙うデッキもあります。)つまり効率よく気絶させることが重要です。

ここで相手の主力ポケモンになるであろうGXポケモンや強いとされるカード達のHPに注目すると、

(画像クリックでカード詳細へ)
2進化GXポケモンのHPはなんと250!かなり大きいです。


(画像クリックでカード詳細へ)
1進化GXポケモンのHPは210のポケモンがいます。


(画像クリックでカード詳細へ)
たねGXポケモンのHPは180前後で、200超えてるポケモンもいます。


(画像クリックでカード詳細へ)
無印伝説ポケモンはHP130、無印2進化ポケモンHP150

なぜいろいろなポケモンのHPに注目する必要があるのかというと、
これらのポケモンを何ターンで気絶させるかが非常に大事だからです。

そして、できればこれらのポケモンを2ターン以内に気絶させたいです。
ガチで挑むなら、環境主力のポケモンのHPがいくつであるか調べ、それをワンパン、2パンで気絶できるカードを選ばなければいけません。

目標は1ターンに130ダメージ以上与えることができるポケモンをバトルポケモンとして選ぶことです。
それができない場合は2ターン耐える、または相手の動きを遅らせる工夫が必要になります。

主力として使いたいポケモンが130ダメージ以上のワザを持っていない場合、シンプルにダメージを上げることができるオススメカードがあります。

(画像クリックでカード詳細へ)
このカードはポケモンにつけることで、EX、GXポケモンへのダメージが30上昇します。
多くの結果を出しているデッキに2枚程度採用されていることが多いです。

その他にも毒、やけどなどの特殊状態によるダメージ。
ポケモンの特性によるダメージ上昇。スタジアムの効果などなど
1ターンに与えるダメージを大きくすることができるカードはありますので、それらをデッキに採用して、ワンパン、2パンで相手のバトルポケモンを気絶させることができるように努力しましょう。

そして、それが可能なポケモンを主力のバトルポケモンとして選びます。


■主力となるポケモンが進化ポケモンの場合の注意
主力となるバトルポケモンが進化ポケモンである場合、注意が必要です。
そのポケモンに進化できなければ、なにもできないため、安定して進化元、進化先を揃えることができるように、進化元であるたねポケモン、進化先すべて4枚入れるのが基本です。
2進化ポケモンを主力とする場合にはたねポケモン、1進化ポケモン、2進化ポケモンと全て4枚ずつ12枚入れるのが無難です。
さらに2進化をサポートするふしぎなアメも必要になるでしょう。

(画像クリックでカード詳細へ)
2進化ポケモンを扱う場合には基本的にデッキ60枚中、16枚の枠を奪われるという見方もできます。

進化を安定させるためにポケモンを手札に加えるボールがハイパーボール4枚以外にも採用したいところ。
どんなデッキでも使えるボールでオススメはこれです。

(画像クリックでカード詳細へ)
ネストボールはたねポケモンをベンチにだすというカードです。たねポケモンを出すことしかできませんが、出たばかりのポケモンは進化できないというルールがあるため、たねポケモンを1ターン目からベンチに出しておくということを安定させなければいけません。進化ポケモンを扱うデッキではオススメできるカードです。


■結局、デッキにポケモンは何枚必要なの?
ここで、よくある質問のデッキのバランスの話題。
60枚デッキにポケモンは何枚入れるべきなのか。

ポケモンカードゲームはサイドを全て取られたら負けです。
GXポケモンであれば、3体気絶したら負けです。
仮にGXポケモンをデッキに20枚入れても、3枚気絶したら負けです。
よって、極端な考え方をすれば、GXポケモンを主力として戦うデッキではGXポケモンが3枚入っていれば十分?とも考えられます。
しかし、進化ポケモンであれば進化を安定させるために進化元からガン積みするのが無難。
また進化する必要がないとしても、サイドに落ちる可能性を考えなければいけません。主力がサイドに落ちてしまうと、サイドが取れない。いわゆるサイド落ちによる事故があります。
いろいろ書きましたが、バトル場で戦うポケモンはGXであれば、1ゲーム中に場に出すのは3枚までで、4枚以上出す意味はないわけです。

ベンチにいるだけで特性によってバトルを有利にするポケモンなどを採用しても、多くの初心者が思っているより、デッキ60枚中のポケモンの枚数は可能な限り少なくすべきです。
特性もなくて、アタッカーとしても機能しないポケモンをベンチに並べる意味はありません。

つまりデッキにポケモンは60枚中、何枚なのか?に対する答えは結局のところ一言で言えないわけです。


■デッキバランスを考えるオススメの方法
ポケモンは60枚中、何枚なのか、エネルギーは何枚必要なのか。
これを考えるのにオススメの方法があります。それはそのデッキの理想とするこうなったら強いであろう盤面を実際にプレイマットに並べてみることです。
エネルギー、スタジアム、特性によってサポートするベンチポケモン、ポケモンのどうぐなど全てを並べて、そうして盤面に並んだカードは最低限必要なカードということです。

このときの盤面にエネルギーが何枚ついているかによって、エネルギーの枚数も検討すべきでしょう。この盤面にあるエネルギーカードがそのデッキに最低限必要なエネルギー枚数です。

エネルギー1,2枚程度で闘えるポケモンもいるので、多くの場合エネルギーカードは60枚中、10枚前後になることが多いかと思います。
そして、それらのカードを手札に加えるためのカード、それらがトラッシュされたとしても回収またはデッキに戻すことができるグッズなど、その盤面を作る、持続ための手札を補うカードも採用していきます。

(画像クリックでカード詳細へ)
これらのカードはトラッシュを再利用できるカードの例です。ポケモンカードは引きまくることができるゲームなので、意外にもデッキに戻す方の効果を使うことが多い?

最初に説明したドローサポートに加えて、理想盤面にあるカード、さらにはそれらがトラッシュされても再利用できるカードを採用していくうちに60枚に近づいていくでしょう。
それでも60枚に届かない場合は相手のジャマをするカードを入れていきましょう。


かなり初心者には重い内容となりましたが、参考にしていただければ幸いです。

ポケモンカードのデッキビルドはなかなか面白いです。テテフGXなど高いカードも複数のデッキで使いまわせば、多くのデッキを楽しめるかと思いますので、買ってみる価値はあります。
テテフGXがあるとないとでは1ターン目の展開力が全然違うので、一度使うとやめられないかも。

(画像クリックでカード詳細へ)
-[PR]-


ポケモンカードゲーム サン&ムーン始動!初心者にオススメの商品

最新3DSソフト サン&ムーンで

新たなポケモンがいっぱい増えたポケモンですが、

とうとうカードゲームにもサン&ムーンのポケモン達が登場!

 

これからポケモンカードバトルを始めるなら、

まずはこの3種類のスターターセットをチェック!

ポケモンカードゲーム サン&ムーン スターターセット水 アシレーヌGX

ポケモンカードゲーム サン&ムーン スターターセット炎 ガオガエンGX

ポケモンカードゲーム サン&ムーン スターターセット草 ジュナイパーGX

この記事を書いている現在のところ、水のスターターが一番人気みたいです。

強いのかな?

これらのデッキはそれぞれGXポケモン2枚が必ず入っていて、その他はランダムに構成されたデッキとなっているようです。

 

このスターターセットをブースターパックで強化しよう!

サンコレクションとムーンコレクション2種類が同時発売しております。

ポケモンカードゲーム サン&ムーン 拡張パック コレクションサン BOX

ポケモンカードゲーム サン&ムーン 拡張パック コレクションムーン BOX

またこの季節、クリスマスなどギフトとして最適なアイテムがあります。

ポケモンカードゲーム サン&ムーン プレミアムトレーナーボックス

豪華なカード収納箱に限定デザインのデッキシールド、デッキ構築に欠かせない基本エネルギー、トレーナーズカードを封入!そして、サン、ムーンのパックも20パック入ってます。

 

子供に買い与えたはずが、親がハマることもよくあるそうで、この機会に家族でポケモンカードバトルを始めてみるのもいいかもしれませんね。

オススメのバッティングカードゲームとその派生

天才ゲームクリエイターおよびハイパーメディアクリエイターに今まさになろうとしている。

37歳独身学歴これといってなし。職業紙ゴミ回収業者の原たすくです。

 

今回はボードゲーム、テーブルゲームの中でも

手軽に楽しめるカードゲームを紹介します。

 

そして、その中でもバッティングというギミックがあるゲームに絞ってみました。

鉄板のゲームからその派生の面白ろゲームまで紹介しますよー!

 

「ハゲタカのえじき」

カードゲーム ハゲタカのえじき 日本語版

 

このゲームは放課後さいころ倶楽部でも出てきたゲームですので、知っている人もいるかもしれません。バッティングといえばこのゲームと言えるくらい鉄板カードゲームです。

 

このカードゲームは点数札に対して、プレイヤーそれぞれが数値カードを出し、強いカードを出したプレイヤーがその点数札を手に入れることができるというシステムなのですが、他のプレイヤーと同じ数値カードを出してしまった場合には、どんなに強い数値カードでも点数札を得る権利を失ってしまいます。

 

他のプレイヤーと同じ選択をするとNG!これがバッティングと言われてるシステムと言っていいかもしれません。

 

やってみないとなかなかわからないのですが、これがかなり盛り上がります。

 

ハゲタカのえじきをプレイしている動画もありますので、お時間があれば見てみてください。

 

さらにさらに!

オススメのカードゲームがあります。

これから紹介するゲームは上記ハゲタカのえじきの派生と言ってもいいでしょう。

 

それはコレ!

ゲット・ビット!(Get Bit!)

 

コンポーネントはハゲタカのえじきと同じような手札となるカードの他に

サメと手足が取れるプレイヤーフィギュアが入っています。

 

プレイヤーのフィギュアを1列に並べて、最後尾にサメを置いてゲームスタート!

 

プレイ感はハゲタカのえじきと似ているのですが、ハゲタカのえじきでは強い数値カードを出したプレイヤーが得点札を得るの対して、このGET BITでは低い数字を出したプレイヤーから順番にフィギュアを先頭に移動させるという処理をします。

ハゲタカのえじきと同じく、他のプレイヤーと同じ数字を出してしまったら、移動はできないというバッティングシステムがこのゲームにもあります。

 

その結果、最後尾にいるプレイヤーのフィギュアはサメに喰われて両手両足のどれかを失います。(フィギュアの手足は外れるようになっている。)

 

そんなゲーム。

 

点数札の取りあいから、HPの削りあいにアレンジするだけで、違う楽しみのあるゲームになるんですねぇー。

 

と感心していたら、それをさらに上回り、バカゲーに進化したゲームを見つけました。

それはコレです。

Kalimambo Zoch Verlag Board Game

 

「カリマンボー」

このゲームは相当ヤバいです!

 

カオス過ぎてこのゲームの世界観を正しく伝えられるか自信がないのですが、頑張ります。

 

プレイヤーコマはボード上のマスを周回する感じです。

さきほど紹介したGET BITと同じ感じで、サメでなくサイに追われています。

それとプレイヤーコマとは関係ないランダム数値カードを出すNPCのようなコマも混在してます。このコマが謎の新種の動物とのことです。

更にはボード上のマスのいくつかにはゾウのウンコがばらまかれております。

…っていう…ゲーム。

 

GET BITと同じように最後尾になってしまうとサイの突撃を受けて、失点を受けます。

それに加えて、ボード上のウンコを踏んでも失点を受けます。

またサイの突撃を受けたコマは先頭に飛ばされるという処理を行うのですが、その飛ばされた先にウンコなんていうコンボが発生したりします。

 

小学生が白目向いて笑いそうなシステムなんですが、斬新で感動しました。

ランダムで山札をめくって数値を出すNPC(※謎の新種の動物という設定)が存在するのもシステムとしてはかなり斬新なんですよ。

人じゃない数値は全然読めないですからね。

今回は鉄板カードゲーム「ハゲタカのえじき」とその派生のゲームの紹介でしたー!


【#遊戯王#デッキレシピ】ガチ仕様の巨神竜デッキレシピ

今回紹介するデッキは巨神竜

ストラク封入の新カードを使ったデッキです。


遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -巨神竜復活-

■モンスター(19枚)
3 増殖するG
3 ナイト・ドラゴリッチ
2 アークブレイブドラゴン
3 巨神竜フェルグラント
2 白き霊龍
3 エフェクト・ヴェーラー
2 太古の白石
1 アモルファージ・イリテュム

■魔法(17枚)
1 おろかな埋葬
1 死者蘇生
1 ソウル・チャージ
1 手札抹殺
3 トレード・イン
1 ハーピィの羽根帚
3 復活の福音
1 ブラック・ホール
2 竜の霊廟
2 ツインツイスター
1 竜の渓谷

■罠(4枚)
3 リビングデッドの呼び声
1 竜魂の幻泉

■エクストラデッキ(15枚)
1 HSRチャンバライダー
1 月華竜 ブラック・ローズ
1 ライトロード・アーク ミカエル
1 クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
1 PSYフレームロード・Ω
1 閃珖竜 スターダスト
1 レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト
1 蒼眼の銀龍
1 青眼の精霊龍
1 ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン
1 神竜騎士フェルグラント
1 No.107 銀河眼の時空竜
1 No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
1 No.46 神影龍ドラッグルーオン
1 No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン


■隠れた名作ボードゲーム
 アイソポス/Aisopos ボードゲーム 2010年エッセン出展日本人デザイナー作品

カードゲーム「GETGEM」無料ダウンロード配信中

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」


社長ブログランキング
ときどきで良いので、応援クリックお願いします。

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ

【#遊戯王#デッキレシピ】青眼 大会上位実績ありのデッキレシピ

【モンスター】
青き眼の賢士
青眼の亜白龍
青眼の白龍
増殖するG
エフェクト・ヴェーラー
太古の白石
グローアップ・バルブ
白き霊龍

【魔法】
復活の福音
トレード・イン
ドラゴン・目覚めの旋律
ツインツイスター
竜の霊廟
ハーピィの羽根帚
ワン・フォー・ワン
ソウル・チャージ
竜の渓谷
死者蘇生

【トラップ】
神の宣告
神の忠告

【エクストラ】
No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴン
ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン
No.62 銀河眼の光子竜皇
月華竜 ブラック・ローズ
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー
神竜騎士フェルグラント
クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン
森羅の姫芽宮
青眼の精霊龍
蒼眼の銀龍
鬼岩城
閃珖竜 スターダスト
ライトロード・アーク ミカエル


■隠れた名作ボードゲーム
アイソポス/Aisopos ボードゲーム 2010年エッセン出展日本人デザイナー作品

カードゲーム「GETGEM」無料ダウンロード配信中

ボードゲームレビュー
様々なゲームのレビューを大量UP中。

カードゲーマーなら思わず笑ってしまう
LINEスタンプ「カードゲーマーあるある」

■□■□■□■□

原翼のツイッター(フォローよろしくお願いします)
原翼のフェイスブック(友達申請歓迎します)

大好評!カードショップ開業・起業(TAKCHAN流)まとめ